UniswapがイーサリアムNFTアリゲーターGenieを買収


Uniswap がNFTアリゲーターGenieを買収

分散型取引所最大手のUniswap Labsは最近、NFTマーケットプレイスアグリゲーターであるGenieを買収し、NFT(非代替性トークン)を統合する方向で準備を進めていることが明らかになった。

日本語訳:
普遍的な所有権と交換のロックを解除するという私たちの使命を追求して、私たちが買収したことを共有できることを嬉しく思います。geniexyzは初のNFTマーケットプレイスアグリゲーターとして、ERC-20とNFTの両方を含むように製品を拡張します。

DeFiの最も著名な分散型取引所の1つであるUniswapは、仮想通貨市場が低迷する中で、非公開金額でNFTマーケットプレイスアグリゲータであるGenieを買収。今回買収されたGenieは、マーケットプレイス間の売買を一度に行えるだけでなく、競合する主要マーケットプレイスからの出品を表示できるNFTマーケットプレイスアグリゲーターとして知られている。公式ブログによると、UniswapはまずNFTをウェブアプリに統合し、ユーザーがすべての主要なマーケットプレイスや開発者API、ウィジェットでそのような資産を売買できるようにする予定とのこと。

市場が低迷する中で躍進するUniswap

Uniswapは自身のプロダクトをERC-20とNFTの両方に拡大する計画であり、NFTマーケットプレイスアグリゲーターの買収は、普遍的な所有権と交換を提供するという広範なロードマップの一部とのこと。

Uniswapは8月にGenieの初期ユーザーに対してUSDコイン(USDCoin/USDC)をエアドロップする予定であり、4月15日までに一度でもプラットフォームを利用したか、Genie Genesis NFTを所有していたユーザーは、最大12カ月間請求可能なステーブルコインを受け取れるとのこと。さらに声明では、新しいUniswap NFTの体験が利用可能になるまで、Genieユーザーはウェブサイトへのサービスを中断することなく継続するとしている。

今回の買収は、NFT大手のOpenSeaがGenieのライバルであるGemを買収してから、2カ月もたたないうちに行われており、NFT大手の争いが激化しているとみられる。Uniswapのヘイデン・アダムス(Hayden Adams)創設者兼CEO(最高経営責任者)は、Banklessによるインタビューで次のように述べている。

私たちはERC-20市場にもたらしたすべてをNFT市場にもたらそうとしています。これにより、NFTを当社の開発者APIやウィジェットに統合することを計画しています。

実際、Uniswapは、分散型取引所の技術開発を支援するため大型投資家から数百万ドルを調達している。一方で、Uniswapは6月21日(火曜日)、過去24時間に発生した手数料が430万ドル(約5.8億円)を超え、イーサリアム(Ethereum)を上回ったことが確認されており、UniswapはCryptoFeesのリーダーボードでトップに登りつめたと言える。

The post UniswapがイーサリアムNFTアリゲーターGenieを買収 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!