NO IMAGE

VeChain、食品安全アライアンスメンバーとして中国130社にサービス提供


VeChain、食品安全アライアンスメンバーとして中国130社にサービス提供

VeChain Foundationは、中国動物衛生および食品安全アライアンスメンバーとして、中国の130社にサービス提供を計画している。

9月17日の発表によると、VeChainはアライアンスにおける唯一のパブリックブロックチェーンテクノロジープロバイダーであり、技術およびインフラストラクチャのサポートを提供する予定であるとのことだ。また、同じアライアンスメンバーにはスターバックスの中国子会社、マクドナルド、ウォルマートなど、130社以上が加盟している。

しかし、今回の発表では、パートナーシップの規模に関する詳細や具体的な内容などは明らかにされていないようだ。

中国の動物衛生および食品安全アライアンス(CAFA)は現在、Food Trustトレーサビリティプログラムを使用しており、QRコードを使用して消費者に孵化場、農場、生産、環境データ、認証、テストレポートに関する情報を提供している。VeChainはこれらのFood Trustトレーサビリティプログラムに基づいて、中国全体でCAFAが農場からテーブルへのトレーサビリティシステムを構築するのを支援する予定とのことだ。

というのも、VeChainはNFCやRFIDなどをはじめとする5種類のIoTタグやデジタルID管理用のデバイスを販売する企業で、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたソリューションを提供している。また、VeChainは主にエンタープライズでの利用を想定したブロックチェーンである「VeChain Thor」を利用しており、開発者はワンクリックでVeChain Thorをデプロイできるため、企業向けに適しているという背景があるようだ。VeChainの責任者は次のように述べている。

アライアンスのすべての企業メンバーは、食品の主要なプロセスを不変かつ安全な方法でブロックチェーンに記録し、消費者と企業の間の信頼を橋渡しすることができます。トレーサビリティは、栽培、加工、包装、ロジスティックスから小売りなど幅広く利用されます。

VeChainの食品やその他の商品のトレーサビリティプラットフォームは、すでに中国のウォルマート、自動車メーカーのBMWやBYDオートなどの企業で利用されており、監査法人PwCおよび認定レジストラDNV GLとパートナーシップを結んでいる。

The post VeChain、食品安全アライアンスメンバーとして中国130社にサービス提供 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!