NO IMAGE

WeChatはすべての仮想通貨活動を非合法化しNFTの取り締まり強化へ


WeChatはNFTの取り締まり強化へ

中国で絶大な人気を誇るインスタントメッセージングアプリでWeChat(微信:Weixìn)は、最近の使用条件更新で、仮想通貨とNFT(非代替性トークン)に関連するすべてのアクティビティを禁止した事が分かった。

日本語訳:
中国で1日11億人以上のアクティブユーザーを抱えるWeChatは、ルールを更新しました。仮想通貨とNFTの発行、取引、資金調達に関与するWeChatパブリックアカウントは、機能が制限されるか、禁止されます。

中国最大のメッセージングアプリケーションであるWeChatは、NFT監視強化のためのルールを導入するため、あらためて自社規則を前進させた。報告によると、プラットフォームは、新しいルールに準拠するために、NFT関連のパブリックアカウントを禁止。同社による行動規範は、WeChatパブリックアカウントが避けなければならない仮想通貨活動の4つの重要な要素を改めて浮き彫りにした格好となっている。新行動規範の第3.24.1条は、仮想通貨と実際の通貨、仮想通貨間取引および交換を非合法化。続く第3.24.2条では、仮想通貨取引のための情報仲介および価格設定サービスの提供を違法としている。さらに第3.24.3条では、トークン発行資金調達と仮想通貨デリバティブ取引を非合法化しており、これまででd最も厳しい規則を設定している。

中国はNFTの長年の批評家

NFTを獲得するためにWeChatは、デジタルコレクションの二次取引に関連するサービスまたはコンテンツを提供するアカウントは、前述と同様の意味を持つと述べている。

同社は、そのような違反が特定できると、WeChatパブリックプラットフォームは違反の重大度に応じ、最終措置となる永久禁止になるまでアカウントの一部の機能を制限したうえで、違反アカウントに所有者に対し、制限時間内に修正するように命令することを明らかにした。

WeChatは、中国の多国籍テクノロジー・コングロマリットであるTencent(騰訊控股有限公司)が開発したインスタントメッセージング、ソーシャルメディアおよびモバイル決済アプリで、中国では1日あたり11億人以上のアクティブユーザーが存在する人気メッセージアプリだ。ウィキペディアによると、2018年には世界最大のスタンドアロンモバイルアプリへと飛躍し、月間アクティブユーザー数は10億人を超えているとのこと。

更新された行動規範では、NFTの二次トランザクションを提供するプロファイルもそれに応じて処理される必要があると記載されており、定められた規制に従わなかったため、「NFTeaデジタルティーチケット」の公式アカウントをブロッ。プロファイルは、ユーザーによって作成されたデジタルコレクションの二次トランザクションを実行していることが判明している。

以前、WeChatはNFTを扱う多数のアカウントをブロックしており、この動きは、中国政府からの厳重な監視によって講じられた措置であったことが分かっている。これまで中国政府は、国内の仮想デジタル資産に対し、強固な反対姿勢を見せている。中国内では政府によってすでに仮想通貨とマイニング活動を禁止している。

The post WeChatはすべての仮想通貨活動を非合法化しNFTの取り締まり強化へ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!